neutralism

人との繋がりを大切にして生きる

JEEPラングラーと2歳の甥っ子の話

皆さんこんにちは!

 iketomoです。

 

先日始めて甥っ子と男2人で出かけました!

保育園のバザーです。笑

 

急な姉からのお願いだったのですが、今夏休みなので特に家でダラダラする理由も無かったので甥っ子を連れていきました!笑

 

いつの間にか叔父さんになってしまったなぁとしみじみ呟きます。苦笑

 

とか言いつつ内心は非常に嬉しいです。笑

 

最近ちゃんと名前も読んでくれるようにもなりました!

まだ会話をするまでには至りませんが、自分の伝えたい事を必死になって伝えようとする素振りが見えます。

 

自分の子供ではないですが非常に成長する姿をみていると微笑ましい気持ちになり、自分ももっとしっかりしないと!とエネルギーをくれる存在であります。

 

そんな甥っ子なんですが子供の成長はなんて成長が早いんだろうか…と改めて痛感しました。

 

あー自分もこんな風に成長できたらなぁーと羨ましくも思いました。苦笑

 

 

何故そんな事を思ったのかと言うと甥っ子が自分の車によじ登ろうと挑戦する気持ちを見せてくれたからです。

 

2歳児でも、もうこれは自分でできないかもしれないと認識はできるようでふと困った顔をして自分を見ました。

 

車はJEEPのラングラーに乗ってますので、たかだか100cmあるかないかの子供が簡単には登れないと思います。

 

それが分かっていたけど、頑張ってみぃ!と甥っ子の背中を押すように伝えると頑張ってやってみようと必死によじ登ぼり始めました。

f:id:IKETO:20180708161941j:image

結論を言うと登れませんでした。

でも、それに挑戦しようとした気持ちが何よりも大事だと思います。

 

大人になって自分の立ち位置が見えたり、周りを見て自分と比較するようになたりしたりして自分には無理だろうとか何かしらの理由をつけてやらない。

 

できる方法を探したり考えたりするのではなく、できない理由を探してしまうように思います。

 

自分もふとそんなできない理由を探してしまう時があります。

 

時間が無いから…

お金が無いから…

1人だから…

 

などできない理由を探せばいくらでも出てきます。汗

 

そうではなくて、まずやってみる!

できる方法を考えてみる!

 

そんな誰でもできるはずの事がいつの間にかできなくなっているように思いました。

 

もちろん、物事の大小もあるので明らかに不可能な事はありますが…

 

子供が成長するのが早い理由はできない理由を探すという思考が無くて純粋であるから。

そしてなんでもやってみようという好奇心があるからではないでしょうか?

 

子供は応援されたら頑張っちゃう!笑

 

応援されると頑張っちゃうのは大人も一緒かもしれませんが…苦笑

 

そんな甥っ子の姿勢を見ていて

 

自分もまずできない理由を探したりするのではなく、まずやってみようという思考になる!と決めました!

 

後は人を応援できる人間でありたいと思います。

姿勢や言葉、誰かにエネルギーを分ける方法は様々だと思いますが、良いエネルギーを与えられる人間になります!笑

 

そんな事を思った1日でした。

 

 

最後まで読んで下さった方ありがとうございました。

 

IKETO

 

 

 

 

 

 

 

<