neutralism

人との繋がりを大切にして生きる

携帯電話との関係性を考える

皆さんこんにちは!

 

 iketomoです!

 

休日いかがお過ごしですか⁉︎

夏楽しんでますか⁉︎

 

自分は友人に会いに京都に来てます!

友人のサッカーの試合と、夜は祇園祭

祇園祭デビューであります。

 

夏休み全開でお楽しみ中。笑

 

昼間っから酒を飲みダラダラと過ごしています。

f:id:IKETO:20180715133630j:image

 

今日は携帯電話との関係性について改めて自分自身考えなければいけないと思い記事にします。

 

 

いかんせん、田舎者なもので電車なんて普段乗らず、農道をJEEPで走る毎日。笑

 

公共交通機関なんて会社の出張でない限り無縁です。汗

 

久しぶりに公共交通機関を利用しての移動。

電車の中の人を見ていてふと、皆携帯電話ばっかり触ってるなぁって思いました。

 

ちなみに自分が言いたい事は携帯電話を触るなって言いたい訳じゃありません。

 

自分だって携帯電話使いますから。

ただ、このブログ始める前なんかは電話とLINEだけ。

あとインターネットで調べたくなったらネットサーフィンくらいのものです。

 

だから携帯電話なんてほとんどほったらかしです。

 

電車中の移動時間を上手く使うために携帯電話を利用している方もいらっしゃると思います。

 

なら、いいんですが皆携帯電話に依存しているように見えて仕方がなかった。

 

今の携帯電話って凄く便利ですよね。

いつでもどこでもネットにアクセスできる。

音楽が聴ける、ゲームできる。もうなんでもありです。

 

本当に便利になったけどそれが逆に不便かなぁって思ってます。

 

携帯電話を触る事で使う時間。

それって本当に自分の為になってるのか?

ただなんとなくやる事ないから触ってないか?

そんな事を考えてしまいます。

 

だから自分は携帯電話に余計なアプリは一切入れないし、使う時は目的がある時だけです。

 

京都に来て行きたい場所への行き方わからない時、もちろん調べたりもするけどまず人や駅の方に聞いてしまう。

 

それがいいのかどうかは分かりませんし、もしかしたら自分で調べたら分かるやん!なんでも人に聞くな!って思う方もいるかもしれない。

 

ただ今のこの情報社会でちょっと検索したら何万もの情報が出てきて違う事を言ってます。

どれを信じたらいいの⁉︎

って逆に思うわけです。沢山あり過ぎるが故に。

そこにもちろん自分で情報の選択をする必要もあるし責任もあると思います。

 

ただ情報を鵜呑みにしすぎて自分で勝手に判断したり決めつけるのは自分の中の感覚を乏しくしてしまうように感じます。

 

自分で見たり、触ったり、感じた経験が本物。

情報で知識を得ただけでそんな感じになってしまうのは違うなって思います。

そうなっていないのであれば問題ありません。

 

携帯電話でなんでもできる時代になりました。

だからこそ、携帯電話でできるけど携帯電話じゃなくてもできるならそちらを選びたい。

もちろん時と場合によります。

 

携帯電話で会話だってできるけど顔見て話したい。

本なんて電子書籍で読めるけど、手にとって読みたい。

風景だって画像で見れるけど、自分の目で見て感じたい。

音楽もいつでも聴けるけど、本物の音を聴きたい。

 

できる事が多すぎて、逆にできなくなっているように思います。

 

携帯電話は便利です。

生活をより良いものにしてくれる。

時間短縮や利便性においては万能でしょう。

ただ携帯電話が悪いんじゃ無くて、使い方を考えなければならないと思います。

 

この記事を読んでくれた方は、良ければ自分と携帯電話の関係性について考えてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでくださった方々、本物にありがとうございます。

 

iketomo

 

 

 

 

 

 

 

 

<