neutralism

人との繋がりを大切にして生きる

夏登山!暑いから早朝の銀杏峰登山〜。

皆さんこんにちは。

 iketomoです。

昨日に基本的な地図とコンパスの使い方を記事で書いたので早速使ってきました!

 

今日は銀杏峰です。

銀の名がつく山名よりかつては銀を産出していたのではないかと言われています。

登山口は宝慶寺いこいの森からです。

 

ルート 名松新道

標高1440m

標高差約1000m

歩行距離約7.4km

 

暑くなる事が分かっていたので早朝3時半に集合し5時から登山開始にしました。

朝早くにもかかわらずメンバーはやる気十分です!笑

 

早朝はまだ日が昇り始めなのと、木の葉のお陰で随分と快適です。

ルートも登りだしは非常に傾斜が緩くハイキング気分。笑

f:id:IKETO:20180719125336j:image

GPS追跡によるルート確認図です。

昨日のルートも予定通りでしたので慌てる事もなく標高を上げていきます。

f:id:IKETO:20180719132613p:image

歩く。

ひたすら歩く。笑

途中には見返りの松や仁王の松が見えます。

大きい松でとても貫禄がありました。

f:id:IKETO:20180719133752j:image

休憩もとりつつ、ゆっくり1時間半程で1150mの銀杏峰前山に到着です。

前山に7時過ぎに着きました。

前山からの景色も非常に幻想的で1000mで雲海も見れました。

f:id:IKETO:20180719143117j:image

そこから頂上までは約1時間。

頂上になるにつれて木の背丈が低くなり、山頂付近は天竺坂と言われている傾斜の緩い笹薮の道です。

そこを抜けるといよいよ山頂。

1440mの頂上です。

看板と神様をまつる祠があります。

山頂は視界がひらけていて360度辺りを一望できます。

すぐ隣には部子山。

日も登り始めていて暑かったです。

山頂からの景色も抜群に良かったです。

f:id:IKETO:20180719160658j:image

下山ルートはそのまま登って来た道を帰ります。

下山は1時間半程で無事いこいの森に到着しました。

下山時間になると気温がかなり上昇していたのでかなり暑く感じましたが降りだったので、登り始めの時間をはやめておいて正解でした。

 

暑い中にも日陰などで涼しく感じる場所もあり、木の葉の間からの木漏れ日が綺麗でした。

f:id:IKETO:20180719171631j:image

今回は前回の鬼ケ岳の急登程ではなく、わりとゆったりと登るイメージを持ってハイペースにならず、休憩はできるだけ少なくしました。

その中で自分の無理のないペースを見つけてもらう事が目的でした。

また自分にとっては今回新しいウェアだったので使用感のチェックも兼ねての登山でした。

調子はかなり良かったのでおすすめです。

 

arc'teryx palisade pant (mongoose)

palisade pantは軽量で耐摩耗性のある TerraTex素材を採用し動きやすさにこだわった作りになっています。耐久性のある快適なナイロン混紡で日焼け防止、速乾性、伸縮性にも富んでいます。

汗をかいても肌にベタつかず、濡れいてもサラサラな状態を維持してくれますし、どんな動きをしても伸縮性があるのでストレスなく使用する事ができました。

またポケットの位置にも細かな配慮があります。

膝横のポケットには手軽に物を出し入れしやすい位置にチャックがあり、直ぐに開閉が可能です。

f:id:IKETO:20180719173525j:image

また定位置にあるポケットも斜めにチャックついているので容易に開閉ができ物の出し入れもスムーズです。

f:id:IKETO:20180719173938j:image

arc'teryx cormac crew SS  (flare)

幅広いアクティビティや環境で機能するデザインで特に暑い日の山岳トレーニングに適した T シャツです。素材 のOstriaはストレッチ ニットで優れた透湿性と UPF 50+ という日焼け防止機能があり肩部の反射バーで薄暗い場所でも見えやすくなっています。

使ってみて1番感じたのがベタつかない。

自分は汗をめちゃくちゃ書く方なのですが、もちろん水分はかなり含んでいるけど身体に密着してストレスになる事が全くありませんでした。

後は反射バーなどがついているのでランニングにも使用出来ますし、バックパックを担ぐ時の方の縫い目も肩とバックパックが擦れる部分には縫い目がないので縫い目によってストレスを感じ無いので非常にバックパックを担いでいても快適でした。

f:id:IKETO:20180719175235j:image

登山を楽しむ為に道具がありますが、やはり使用するなら快適さだけでなくデザインやカラーも自分が納得する物を使用したいですよね!

自分の好きなものを使用して遊ぶ事でモチベーションにも繋がりますから!!

 

今回も安全に怪我なく登山を行えた事が何より良かった事と、メンバー登山への意識も高まって来た事が何よりの収穫でした。

8月の槍ヶ岳に向けて確実に準備していきたいと思います。

 

 iketomo

<