neutralism

人との繋がりを大切にして生きる

街中で1番使用されているアウトドアブランドは何故The North Faceなのか?

皆さんこんにちは!

IKETOです!

 

アウトドアユーザーとしてはやはりこれにはふれて置く必要性があると思いましたし、何か皆さんの人生に役に立つかなと思ったので発信してみようかと!笑

 

いきなり皆さんに質問です!

The North Faceというブランドをご存知ですか?(以下TNFに省略)

f:id:IKETO:20180803142135p:image

(画像引用元:Twitter

あー、見たことあるわぁー!

アウトドアブランドでまず思い浮かべるならこのブランドを答える人が大多数なはずです!!

 

それは何故か?

 

街中で1番着用されているアウトドアブランドだからです!

 

冬になればTNFのウェアをオシャレに着こなす人を良く見かけますよね。夏でもプリントTシャツや短パンや帽子をシンプルにファッションの中に取り入れたり、バックパックなどはシーズン問わず、沢山の人に使用されて正に1番皆さんの目に見られているアウトドアブランドと言っても過言ではありません。

 

もちろん、アウトドアブランドとしての機能性も申し分ありません!

 

それではここでThe North Faceの豆知識を。笑

 

  1. 創立は1968年
  2. カリフォルニア州にあるバークレーにてブランド展開開始
  3. 創業者はダグラス・トンプキンズ氏
  4. 最初に発信した商品は寝袋!笑
  5. ロゴマークの3本線は世界三大北壁を意味している
  6. ロゴマークの形はカリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園のシンボルであるハーフドームをモチーフにデザインされいる
  7. 日本の正規輸入代理店はGOLDWIN
  8. IKETOも入社したかった会社である!笑

 

創業してからまもなくしてアメリカでは原始的な自然生活(アウトドアライフ)を楽しむヒッピー(1960年代の米国で、既成の社会体制や価値観を否定し、脱社会的行動をとった若者たち)が流行しました。この流行によりTNFの知名度が向上していきます。

 

日本市場に参入したのは1970年代。

70年代は空前のヘビービューティーブーム(アウトドアウェアを街中で着こなすスタイル)が流行し、90年代はヒップホップブームの到来ともに日本の音楽業界を牽引する有名アーティストたちがこぞってTNFのダウンジャケットをオーバーサイズで着用したことでファッションとしての原型となるスタイルの誕生となり、現在に至っています。

日本のノースフェイス市場の開拓の起爆剤となったのはやはりタウンユースやシーンの演出ですね!

 

では何故TNFなのか?

マーケット市場がめちゃくちゃ大きいから見て貰えるのは確かにあると思いますが、初めから大企業ではなかったはずです。

大企業に成長し、ブランドのウェアやアイテムが売れるまでに大変な過程があったはずです。

分かりませんが、良いものなのに購入して貰えない。認めて貰えない。

 

だからこそ

 

自分達が求めるものだけの追求ではなく、ユーザーがどんなものを求めているのか?

 

自分達はどのようにして沢山の人達のライフスタイルに関わっていくのか?

 

単にアウトドアブランドとしてだけではなくより柔軟に時代や流行に合わせつつ自分たちのブランドコンセプトを大切に守り続けた結果、誰もが知るアウトドアブランドに成長したのではないかと思います。

 

そんなTNFのウェアやアイテムを持っている人も多いと思いますが、直営店で購入した事ある人は分かるかもしれませんが、購入した紙袋にメッセージが実は書かれているんです!

 

       Never Stop Exploring

 

これはTNF創業者ダグラス・トンプキンズ氏の言葉です。

 

冒険する事をやめるな。

 

現状に満足せず、常に進化するために挑戦していく事も人生において冒険と呼べるのではないでしょうか?

 

今日はアウトドアブランドのコンセプトから少しでも人生の為になるかもしれないかなぁーと思い内容を引っ張ってみました。

 

最後まで読んでくれた方々はありがとうございました。

 

IKETO

<