neutralism

人との繋がりを大切にして生きる

自分を変えたいと思う時に見て欲しい映画

皆さんこんばんは。

IKETOです。

少し気分が落ち気味になっていたので、今日はガッツリ髪を染めて!

そして

自分のモチベーションをガッツリ上げる為に

お気に入りの映画を見る!笑

 

では皆さんに質問です。

余命宣告30日と診断されたら残りの人生をどう生きますか?

 

素直に受け入れて死を待つのか。

それとも抗うのか。

 

そんな余命宣告30日と診断された男の人生の生き様を描いた洋画です。

ちなみにこれは実話です。

「ダラスバイヤーズクラブ」

f:id:IKETO:20180809232715j:plain

(引用元:twitter
 

この洋画は自分が2年程前にTSUTAYAで出会いました。笑

なんともまぁ軽そうなオヤジが描かれているじゃありませんか。苦笑

IKETO、実は結構映画見ます。

映画の紹介は難しい、どこまで話をしたらいいのか?

全く分かりません!!!笑

なので、映画内容やキャストに関してはほぼノータッチでいきます!笑

 

この映画を観てみようかな?と皆さんの心に響く努力をしつつ自分が感じた事を伝えたいと思います。

 

予告だけ載せておきます。 


『ダラス・バイヤーズクラブ』予告編

 

この洋画を観て感じた事

  1. 時間は平等では無く有限なもの
  2. 人間は本気になればいつでも変われる
  3. 誰かの為に行動を起こせる人間は素敵

 

時間は平等では無いし有限である!

時間は平等にある!

そんな事を聞いた事がありませんか?

嘘です。

時間は平等じゃ無い!

何故ならば全員同じ年齢、同じ時間になった死ぬと決まってないからです。

そりゃそうですよね。電池で動いてる訳じゃ無いんで。笑

衣食住の環境、国の文化、外的要素が沢山選べるこの時代なので人の生き方次第で寿命の変化が異なるのは当然です。

時間は平等じゃ無いけど1日24時間というのであれば全員死ななければ平等に与えられています。

だから時間は平等じゃ無い。そして限りがあります。

一生生きる事は出来ない。

ちなみにもし一生生きる事ができる薬が開発されていたら飲みますか?

僕は飲みません。笑

自分には与えられた時間しか無いという事を強く感じさせてくれました。

だから、貴方に与えられた時間どう使うの?と自分に自問自答したいです。 

 

人間は本気になればいつでも変われる

人間は何歳からでも変われるんだなぁと思いました。

実話とはいえ、あの主人公のロン、ウッドルーフはとんでも無い男です。

詳しくは実際に観て確認して下さい。笑

そのロン、ウッドルーフが最後エェェエエー⁉︎ってくらい変わるので!笑

人間は本気になればいつでも変われるんだなぁって思いました。

最近IKETO全然やんか…という事はまだまだ本気度が足りないという事ですね!

 

誰かの為に行動を起こせる人間は素敵

これが人生において本当に大切だと思います!自分の損得感情関係無く、誰かの為に自分が出来る事、自分が自分に課した使命を全うしようとする事の格好良さ!!

こんな魅力を持つ人間が周りの人達磁力のように惹きつけ、いい方向に巻き込んでいくんだろうなと思います。

 

最後に

自分もこんな風に人を巻き込んで誰かの為に行動出来る人間でありたいと思います!

過激なシーンや汚いシーンも多少はありますが、本当に観ていただきたい名作です!

もし、何かきっかけが欲しい!変わりたい!と思う方は是非ご覧になって下さい!

 

 

最後まで読んでくれた方々は貴重な時間を有難う御座います!

 

IKETO

<