neutralism

人との繋がりを大切にして生きる

熱量ときっかけ

お久しぶりです。

IKETOです。

久しぶりにブログ書こうかなぁって思ったんでまぁ、独り言がてら書きます。

 

今日のテーマは熱量です。

 

熱量って何だ?

って思うかもしれませんが、僕が思う熱量は物事を深く考え、表現すると言う事。

1つの事の為に自分を出し切っているといような状態です。

ものすごく感覚的なものなのでもちろん個人差もあると思います。

 

仕事でも遊びでも人間関係でもなんでも構いません。

 

自分の熱量がどれくらいなのか?

それを何となく文字にしてみたかっただけです。

 

さて、自分も含め皆さんは毎日どのように過ごしていますか?

 

何かに熱くなれていますか?

真剣に自分の言葉を相手に伝えられていますか?

夢中になる事がありますか?

 

もしそれがあるのならばきっと遅かれ、早かれ自分にとって何かのきっかけになると思います。

 

もしなくても焦らなくてもいいと思います。

きっと今は熱量を出す為のエネルギーを蓄える時かもしれません。

 

今日、自分の中の何かが変わって、自分の中の熱量が爆発しました。

 

それは周りを巻き込む程大きく、自分の中でこんな自分が居たのかと自分を客観的に見てしまう程でした。

 

しかしながら熱量を伝えるというのは非常に難しい。

 

何故なら、自分自身の人間像全てを見られ評価されるからです。

 

結果、その熱量は極一部の人間にしか上手く伝わりませんでした。

 

そして悔しさと無力感と共に自分自身の熱が冷めていくのがよく分かりました。

 

まるで氷の中に熱湯を注ぎ、冷たくなっていく水のように。

 

自分自身の伝え方が上手くなかったのかもしれない。

周りの感覚が鈍かったのかもしれない。

 

原因は色々な所にあると思います。

 

だだこれは自分にとっていいきっかけになったと思っています。

 

自分ってここまで本気で考えてやってたんだなぁって自分で気づけた事。

 

それを認めてくれた極一部の人間がいる事。

 

それを本気だと受け止めて貰えなかった人間もいた事。

 

本気になったから分かった事が沢山ありました。

 

何が言いたいの?と言うと

やるなら中途半端より本気でやると言う事です。

 

一度は冷めた熱量ですが、自分の色々な熱量がどれくらいあるのか試したくなった。

 

どれくらいの人を巻き込んで行けるのか?

 

今はまだ少人数だろうが、居なかろうが、

 

常に熱量をだし続けられる人間でありたいなと思います。

 

だだの独り言です。

 

この機会を良いきっかけにしたいと思う為、自分自身への戒めも込めて書いてみました。

 

もし読んでくれた方が居たのならば貴重な時間をありがとうございます。

 

貴方も熱量のある人間でありますように。

 

IKETO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<